FC2ブログ

えりすけの目指せ☆腹八分日記

食べるの大好き!な、えりすけのゆるゆる腹八分日記。 気ままに更新してゆきます♪ 

12月下旬に、38週で二人目の長男を出産しました。

長女と同じく、計画、無痛分娩でした。

3年もできなかった二人目ちゃん。

4月の妊娠から、気づけばあっという間だったわぁ。


出産当日は、経産婦なので当日の朝8時に病院へ家族で行きました。

そのままいろいろ処置を受けて、腕に点滴、背中に硬膜外麻酔をブスっと。

二回目ですが、やなかんじー。

そして促進剤と麻酔を入れてもらい、その後、破水の処置。

なんとずっと担当だった感じのいい女性医師が、胃腸炎になってしまい、誰に長男を取り上げてしまうかわからない事態を知らされました。笑


麻酔を下半身にまんべんなくきかせるために、体勢を変えたりしました。

これは前回と一緒~。

お昼すぎには生まれるのかなと思っていたけど、まだかかりそうとのこと。

何度か子宮口の開きをチェックする内診など。

麻酔が聞いているので、感触はあるけど痛くありません。


午後3時くらいだったかな~。

スタッフさんによると、たぶん夜には生まれる(日をまたぐことはない)けど、私は長女ちゃんもいるし夕方までには産みたいなぁということを伝えて、だったら麻酔を止めてみようということに。

ちょっとドキドキしたけど、それにより進んだみたいです。

陣痛もこれかぁっていうのを少し感じられました。

我慢できるけど痛いわーという痛みとともに、定期的にぐーっと何かが押し下がってくる独特の感じ。

経験できてよかったかな。


本当に急に進んだみたいで、そのまま分娩室へ。

長女ちゃんは、がんばっていい子にしたり遊んでいたので、この時間に寝てしまいまして。笑

立ち会いだったので、主人におこされていた模様ですが、私は起きたのかもわからずに分娩室ー。

そしていきみの練習をしたり、麻酔の調節をしてもらったりしました。

本当に助産師さんたちが的確でサポートしてくれるから、かなり不安はなくのぞめたと思います。

ありがたかったー。

長女ちゃんも最後のところで主人と分娩室に入れて、お医者さんも登場し、いきんで取り上げてもらいました。

初めてみる先生で「誰?」って思ったけど。笑

15時45分でした。


おぎゃーと泣いていて、元気いっぱいで、少し涙ぐんだ私だけど、「ついに生まれたー。」「二人の子どもの母親になれるんだ。」って思いました。

なぜか娘ちゃんが爆笑してたのが印象的。笑

そして少しの時間、私の胸の上でカンガルー抱っこ。

その後、ベビーは連れて行かれました。


1時間くらいしたら、お部屋で対面できるとのことでしたが、呼吸が安定しないとのことでさらに1時間待ちました。

会えてよかった♡心配したよー。

DSC_5581.jpg

印象に残っているスタッフさんの言葉は、「赤ちゃんが出たがっているよ。」「(いきみ)上手上手。がんばって、」です。

なんか、がんばれる!言葉だったので、書いておきます。^^

それから会陰は切れたみたいですが、二人目だから伸びるんですね。。。

傷は、一人目の時より全然痛くなくってびっくり。

当日夜から普通に歩けました。

一人目の時は、3週間痛くって、それだけが不安だったので。。。

そしてなぜか後陣痛もまったくなかったんです。びっくり。

体も楽で、本当によかったーと思えたお産と入院生活でした♪

スポンサーサイト



テーマ:マタニティライフ - ジャンル:結婚・家庭生活